☆思い出の曲あいうえお


「あ」→ I Turned Into A Martian/MISFITS

1993年寒河江市立陵南中学校体育祭。騎馬戦。
皆緊張感で鼻息が荒い。

バーン!!!
ピストルが鳴り響きこの曲がグランドに大音量で流れた。


貴子ちゃーん見てるー!?(←ただの片思い)


「い」→ If you love something set it free/NUKEY PIKES

大学受験のため上京した時新宿のレコード屋さんで購入。
受験を終え家に帰り早速レコードに針を落とす。
感動。
あまりの興奮に試験がどうだったかより、友達にいち早くこの曲を聴かせねばと思った。


「う」→ウンジャラゲ/志村けん&田代まさしとだいじょぶだぁファミリー

「うんこちんちん」の次に僕らが手にした言葉は「だっふんだ」だった。


「え」→N.O./電気グルーヴ

高校入学して隣の席だった小林君。登下校や休み時間はいつも大きなヘッドフォン。どうやらテクノというジャンルを聴いてるらしい。彼の家に遊びに行った。そしたらびっくらこいた。何百枚とレコードがあるんだもの!さらにたくさんの漫画本も!
サブカルチャー好きで、いつもニヒルな顔でブラックジョークばかり飛ばしてた。
そんな彼もこの曲を口ずさんだ時は子供っぽい無邪気な顔してた。


「お」→俺ら東京さ行ぐだ/吉幾三

もはや毎回恒例となっていた小学校のクラス会での私の出し物。もともと訛ってるから普通に歌っても自動的にモノマネしてる感じになる。


「か」→carnival/The Cardigans

高校時代はパンクロックと付き合ってたつもりだったけど、よくカーディガンズや渋谷系に浮気してた。
オヤジギャル、ヤマンバギャル、ガングロ、アムラー、シノラー、ボディコン、チビT、MK5、DA YO NE、だっちゅうの、チョベリバ、チェケラッチョ、ジャパニーズビジネスマン、ファッションヘルス、プリクラ、ルーズソックス、ブルセラ、ミサンガ、たまごっち、タイタニック、アウトオブガンチュウ、アブラギッシュ、昇龍拳…。
あーティラミス喰いてー♪


「き」→君といつまでも/加山雄三

私の結婚式で父親が歌った。



「く」→紅/X

初めて生で見た有名人はYOSHIKIだった。小学生の頃Xのライヴを観に行った従兄弟をおばさんと一緒に迎えに行った時、いきなり目の前のガラス向こうのドアが開いて酸素ボンベみたいのを抱えて倒れこんで来た。あまりにも衝撃的な光景に体が硬直したのを覚えてる



「け」→GET THE GLORY/LAUGHIN' NOSE

小学生にしてタ○コを吸ってる友達に聴かせてもらった。

彼の家は小学生時代だけで二度の火災に見舞われた。


「こ」→コンドルは飛んでいく

初めてCDプレイヤーを買った時電器屋さんからのサービスで、この三枚のCDの内からどれか一枚お付けしますと言われ、何故か私はそれを選んだ。


「さ」→That's Right We're That Spic Band/Los Crudos
1997年夏。今日は同じ山形出身の先輩の峯田さんと村井さんと一緒にライヴを観に行く。高円寺駅で峯田さんと待ち合わせ。首には駐車場から失敬したと言う凶暴なチェーンをぶら下げ、足下はサッカーのスパイクシューズできめている。
村井さんとは会場内で待ち合わせするからと、まずはパンクレコード屋BASEへ。少ない小遣いと相談しつつ、聴きたいレコードはやっぱりたくさんあるし、まあ何とかなるさと強気の買い物。
ライヴ会場に入る。まだオープンしたてで人もまばらな店内で一人、客席の中央に正座してじっとステージを見つめてる男が村井さんだった。Tシャツには「anti-fashion」と書かれてある。

ライヴ後は三人で成増の我が家へ。
峯田さんがBASEで買ったLos Crudosのレコードを三人で聴いた。

「し」→Generator/BAD RELIGION

中学時代、昼のBGM放送係の友達が彼の大好きだったこの曲を流した。
いつものクラシック音楽を放棄して。
一体何人が彼の中の革命に気づいたのか。


「す」→スローバラード/RCサクセション

震災の前日に亡くなった事務所の社長の坂田さんは以前忌野清志郎さんのスタッフをやっておられました。告別式で流れた「スローバラード」はいつも以上に優しさを増して聴こえてきました。


「せ」→世界中の誰よりきっと/中山美穂&WANDS

高校の文化祭が終わり、クラスメイトみんなでカラオケで打ち上げ。
この時はじめて女子のカラオケを聴いた。


「そ」→卒業/尾崎豊

全身の毛という毛をそり落とし、肛門をアロンアルファで閉じられ、タバスコをジョッキで一気飲みし、全裸でのたうちまわってる男がいる。

「さあ、張り切って歌って頂きましょう!江口豊で、卒業!」


「た」→タクシードライバー/ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の出囃子

久しぶりに二人のトークが見たい。


「ち」→挑戦者 ヒヤキポリネキセサナモペ国歌/ダウンタウンのごっつええ感じ

覚えるのは無理だけど忘れる事も絶対ない。


「つ」→TREE SONG/LIFE BALL

高校時代最後の数ヶ月、僕の部屋はたまり場になってた。
この曲から始まる全9曲。毎日ターンテーブルの上で大奮闘でしたよ。


「て」→天使たちのシーン/小沢健二

穏やかな夜に、ふとこの曲を聴いてから物思いに耽る。
わざとセンチメンタルな気持ちになりたい時に。
そんな夜もありますわな。


「と」→ドラゴンクエストのテーマ

五時起床。寝ぼけまなこでスイッチオン。
タイトルミュージックが流れる。
ひたすらレベル上げ。
毎日の朝の体操みたいなもんだ。


「な」→夏の日/森高千里

もんどり打つくらい、本気に恋してた。


「に」→1/2/川本真琴

胸がきゅんきゅんしすぎてもはや苦しい。


「ぬ」→泥濘に住む男/eastern youth

友達と二人で酒を呑む。
お互い一言も発さず「旅路に季節ガ燃エ落チル」を聴く。


「ね」→Neon Shuffle/XTC

パンクのビデオをゲットしたらとりあえず集まって鑑賞会。
その後はみんなで髪の毛を切り合いブリーチ。


「の」→脳ミソ/The ピーズ

丸三ヶ月間「どこへも帰らない」と「リハビリ中断」しか聴かない時があった。


「は」→はたらくくるま/猛毒

高校の文化祭の開祭式でBGM係りだった私はこの曲を使おうと一大決心をした。多分問題行動とされ先生方、あるいは生徒からも糾弾されることになるだろう。しかし空っぽの学校生活。どうしても私はこれをやらねばならぬ。風穴一発ドカンと開けねばならぬ。お父様!お母様!私は行きます!息子の無作法をどうかお許しください!


「ひ」→人にやさしく/THE BLUE HEARTS

中学時代、初めてカラオケボックスなるものに行った時最初に歌った。


「ふ」→Blitzkrieg Bop/RAMONES

中学の夏休みは誰とも遊ばず(遊べず??)ずっと一人で過ごしてた。
俺はラモーンズを聴くのに夢中だから忙しいんだ。なんて、、、なんとも無理のある訳の分からない心意気だったかどうかは知らんが。
夏休みが明けると生き生きしてるみんなを見て、いつも何か大事な事から自分は取り残されてるんだって気分だった。


「へ」→Belfast/Orbital

震災直後は到底音楽を聴く気分になれなかったけど。
それでも何か聴こうと、、、。片っぱしからノイズコアを部屋に垂れ流す。この曲に繋ぐ。僕にとっては祈りの音楽に聴こえた。


「ほ」→Hoboken/OPERATION IVY

今だってやっぱり手に汗握る。時よりOperation Ivyのレコード一枚あればもはや何もいらないんじゃないかって思っちゃうぐらいに。


「ま」→まつり/北島三郎

地元の同級生の結婚式の余興。お約束で皆でふんどし一丁になって新郎と新郎の親御さんを乗せて神輿を担ぎます。
やっぱりBGMはこれにかぎるね♪


「み」→ミラクル・ガール/永井真理子

チン中村君がカラオケで歌う。ギンギンで歌う。


「む」→Moon And The Memories/D'ERLANGER

ある日ヤンキーの先輩に呼び出された…。
タマキンが縮みあがる思いで先輩の部屋に入った。
真っ白で煙たい部屋にどうやら五人程いらっしゃる。
「おめーよー、なまいぎなんだず。(お前生意気だ。)」
といきなり凄まれてしまった。

「あーてがっ、嘘だず。
おめえよ、ベースもてんなだべ。このきょぐひいでみろ。(なーんて、嘘だよ。お前ベース持ってるらしいな。この曲弾いてみろ。)」

全然うまく弾けなかったけど、調子に乗って居座らせてもらって色んな馬鹿話を聴いてた。
初めてコンドームもそこで見た。
なんかちょっと大人になったような気になった(←ただの勘違い)。



「め」→メトロポリタン美術館/大貫妙子

実家は酒屋。
今日もヒーロー物のヘルメットをかぶり風呂敷をマントにして変身完了。
訪れるお客さんに
「わるいひとはいませんでしたか?」
と聞きまわる。

今日も町の平和は守られた。
ヘルメットと風呂敷を脱ぎ捨て、牛乳でも飲みながら「みんなのうた」を観よう。
そうやって正義のヒーローは普通の子供に戻る。


「も」→最上川船歌

「花笠音頭」と共に私にとってのソウルミュージック。


「や」→ヤッてたなんて……/オナニーマシーン

完全に代弁してくれてる。高校時代の自分に聴かせたい。


「ゆ」→You Can Get it,If You Realy Want/FRUITY

VHS作品「生」で初めて見た。謎のハイテンションにひたすらヤラレタ。


「よ」→嫁の里帰り/吾妻光良 & The Swinging Boppers

妻が里帰りする時必ず思い出す。
駅まで見送り手を振る。

どーれっ!AV10本くらい借りて帰んぞー♪


「ら」→ラプソディ/CHAGE&ASKA

食後は「ワールドプロレスリング」を見ながら一家団欒。オープニング曲の「ラプソディ」は家族みんなのお気に入り。
この曲をCDなるもので聴いてみる為、兄はずっと貯めてきたお年玉を初めて切りくずす決心をした。

こうして我が家にCDラジカセがやってきた♪


「り」→RESOLUTION/PASSING TRUTH DRIVE

2000年11月。仙台バードランド。
ただならぬ雰囲気の3人組。
釘付けだった。


「る」→るれくてしラェフ?/ヌンチャク

普段は遅刻魔の友達。でも日曜日だけは楽しみ過ぎて朝の八時には遊ぼうぜと我が家にやって来る。この曲聴いていつもめっちゃ喜んでた。


「れ」→幽幻道士の曲

キョンシーがいつ襲って来ても大丈夫なように、常に様々な危機管理をイメトレしてた。武器となるもち米、ニワトリの血の調達の方法。家を襲われたときの家族の配置。そして剣の修行にお札の書き方。忙しかった。


「ろ」→ロビンソン/スピッツ

高校時代、いかに自分が暗かったか思い出してしまう。


「わ」→What Do I Get?/BUZZCOCKS

友達と二人でラジカセ二台使いで宅録に初挑戦。「週刊少年マガジン」をスネア、雑誌「BANDやろうぜ」をハット、鍋をクラッシュシンバル代わりに。それからベースとギターを入れた。坊主頭の中学生二人がニタリニタリとご満悦。
ん〜今日も飯が美味い!かーちゃんおかわり♪




安孫子真哉プロフィール (2011)
安孫子真哉プロフィール (2010)
安孫子真哉プロフィール (2009)
安孫子真哉のしりとり100 (2009)
安孫子真哉プロフィール (2008)
安孫子真哉プロフィール (2007)
安孫子真哉プロフィール (2006)